太田圭亮(おおたけいすけ)プロフィール(ショートバージョン)

 

神戸市出身。九州芸術工科大学(現 九州大学)音響設計学科にて音響工学の基礎を学ぶ。

2001.2002年 北九州芸術祭入選。2002年 霧島国際音楽祭に参加。ウォルフガング・マルシュナーのマスタークラスを受講。

2010年 グラウコ・ベルタニン氏との出会いにより、多いに感銘を受け師事。度々イタリアへ赴き研鑽・交流を重ねている。

現在、「コルダムジカ」主宰として、様々なコンサートを企画中。

日本全国でリサイタルや室内楽コンサートを行う一方、福岡サロンオーケストラ ・は~とけあQuartet のメンバーとして、また、2008年よりシンフォニエッタ福岡コンサートマスターとして活動し、2014,15,17のイタリア演奏旅行を成功に導き、2019年マテーラ国際音楽祭に招待された。2020年、コロナ渦中において活動拠点である福岡の演奏家に声をかけ「福岡こんなとこあるよ」プロジェクトを発起人として取りまとめアクロス福岡シンフォニーホールにおける初となる配信コンサートを成功させた。

 現在の使用楽器   Joseph Gagliano(1787)

その他 コンサート・ライブ情報


♪ ヌワラエリヤ・ライブ  (未定)

2020年5月以降のライブは、新型コロナウィルス感染予防のため、中止とさせていただいております。ご了承ください。 

   奇数月(1,3,5,7,9,11)第4金曜日 また、例年12月にバッハの無伴奏を演奏しています

cordamusica”プロデュースにより、スリランカ料理の名店「ヌワラエリヤ」にて生演奏がお楽しみいただけます。


リンク

これまでの活動紹介 動画


Glauco Bertagnin(Padova🇮🇹)

太田圭亮

(Fukuoka🇯🇵) 

によるコラボレーション動画。

2019/10 マテーラ音楽祭

 

シンフォニエッタ福岡inベローナ

 

ポルデノーネ🇮🇹の教会で

「悲しい酒」Violin solo

レニャーゴ🇮🇹の大聖堂にて

モーツァルト ディヴェルティメント